新春!不動産査定強化キャンペーン開催中!QUOカード2,000円分プレゼント!

相続に関するご相談

不動産相続問題もお任せください

相続や空家でお悩みの方を
サポートします

何でもご相談ください!
こんなお悩みありませんか?
  • 実家が空家のままでその管理に困っている
  • 親から相続した不動産を親族間でどう分配すればいい
  • 実家を売却したいけど誰に相談すればいい?
  • うちの不動産の相続税っていくらなの?

このようなお悩みがある場合、不動産のプロに相談するのも一つの解決策です。
出雲市で不動産相続にお困りでしたら、LIXIL不動産ショップのアイディーワークへご相談ください。

空き家放置のリスクとデメリット

建物の老朽化で修繕費用が高額に

管理の行き届いていない物件は、老朽化が進み、色々な箇所が傷んできます。それが、構造躯体など重要な部分に及んでしまうと、通常よりも割高な修繕費用がかかることも出てきます。

そのため、定期的にメンテナンスをしていく必要があるのですが、実家は出雲だけど自分は県外に住んでいるケースの場合、管理を行き届かせることは難しいですよね。

請求書

地域の厄介者扱いされることも

近年、空き家問題が全国的に深刻になってきていますが、あなたも他人事ではないかもしれません。老朽化して荒れた建物や庭、土地は地域社会のお荷物的な存在になり、近隣とのトラブルを招きます。不衛生で異臭を放つなどもってのほか。

そうなる前に空き家問題を解決しましょう。

空き家の放置は社会問題

特定空家に指定されると
高額な固定資産税が課されることも

特定空家とは、国土交通省が示している基本指針である「倒壊などの著しく保安上危険となる恐れがある状態」などに該当する空き家のことです。これに指定されると、更地と同等の高額な固定資産税が課されることになります。

無駄なコストは避けましょう。

特定空家

解体撤去命令が行政から下される

特定空き家に指定されてもなお放置していると、管轄の自治体により解体撤去命令が下されます。その自表示速度んで進んで応じていれば、工事費用の補助は出ますが、無視を続けていると強制執行となり、全額あなたは負担することになります。

解体命令

相続した家をどうするべきか

不動産を相続した際にはご相談ください。
売却→現金化→分配も視野に入れておきましょう。

不動産の相続を複数人の相続人で均等に分けるというのは難しい問題です。だから、相続に関するトラブルは後を断ちません。これには、色々な解決方法があると思いますが、簡単に済ませるのであれば、不動産を売却し、現金化した上で相続人同士で分配するという手段もあります。

しかし、これは一般の方だけで対処ができる問題ではありません。不動産のプロ、弁護士、税理士など専門家と相談しながら解決していくべき問題です。

LIXIL不動産ショップ アイディーワークではこうした問題も専門家とリンクしながら一緒に解決できる窓口があります。お困りの際は、お気軽にご相談ください。